事業者の経営労務に関する状況を、確認者である社労士が診断する「経営労務診断サービス」の総合サイト。

企業PRにマークを活用

企業の様々な取組みや特色ある活動状況をアピールするためには、行政等が発行する様々な認定マークの取得・活用が有効です。取得した認定マークは、自社のWebサイトや名刺などで利用することができ、取引先や求職者に自社の強みを強くアピールできます。

認定マークの取得にあたっては、制度ごとに一定の条件があることが一般的です。様々な制度の中から自社が利用できる制度、将来利用を目指す制度を決めるためには、自社の状況を整理し何をする必要があるのかを洗い出さなければなりません。

経営労務診断サービスでは企業の人事労務状況を広くチェックし、企業の優れた取組みや改善が必要な取組みなど、企業の取組み状況の基礎的な現状分析になりますので、取得に向けた第一歩として最適です。

企業における様々な取組みや特色ある活動状況をアピールするための行政等が認定しているマークを以下に紹介します。

経営労務診断適合シール

shindan

企業の「労務管理」に関する情報ついて、社労士が原則として毎年1回、確認・診断を行い、その結果を一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が運営する「サイバー法人台帳ROBINS」サイトへ掲載・公表。

社労士による経営労務診断を受けた適合企業は、「経営労務診断適合シール」を利用可能。

 

 

 

くるみん

くるみん

次世代育成支援対策推進法に基づき、一般事業主行動計画を策定した企業のうち、目標を達成し一定の基準を満たした企業は、申請により「子育てサポート企業」として厚生労働大臣が認定

出典:くるみんマーク・プラチナくるみんマークについて

 

 

えるぼし

えるぼし

女性活躍推進法に基づき、行動計画の策定の届出を行った一般事業主のうち、基準を満たし、女性の活躍推進に関する取組の実施状況などが優良な企業は、申請により、厚生労働大臣が認定

出典: 女性活躍推進法認定マーク

 

 

ユースエール

ユースエール

若者の採用・育成に積極的で、若者の雇用管理の状況などが優良な中小企業を厚生労働大臣が認定(300人以下の企業のみ)

出典:若者雇用促進法に基づく認定(ユースエール認定)制度とは

 

 

 

 

安全衛生優良企業

安全優良企業

労働者の安全や健康を確保するための対策に積極的に取り組み、高い安全衛生水準を維持・改善しているとして、厚生労働省が認定

出典:安全衛生優良企業公表制度について

 

 

 

 

トモニン

トモニン

厚生労働省では、仕事と介護を両立できる職場環境の整備に取り組む企業に対して、このシンボルマークを名刺や会社案内、ホームページなどに掲載して取組をアピールすることを促すとともに、介護離職を未然に防ぐための取組を普及・推進

出典:「仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進のためのシンボルマーク(愛称:トモニン)

 

 

 

きらら

きらら

 

企業や労使団体等がポジティブ・アクションの趣旨に賛同して活動を行う際に利用してもらう。固定的な男女の役割分担意識や過去の経緯から男女労働者の間に生じている事実上の格差の解消を目指して、女性の採用拡大・職域拡大・管理職登用の拡大等、個々の企業が進める自主的かつ積極的な取組み

出典:ポジティブ・アクション普及促進のためのシンボルマークについて

 

<