事業者の経営労務に関する状況を、確認者である社労士が診断する「経営労務診断サービス」の総合サイト。

経営労務診断サービスのメリット

社会保険労務士が診断した結果は、「サイバー法人台帳ROBINS」サイトへ掲載・公表することができます。診断情報を「サイバー法人台帳ROBINS」に掲載する企業は、基本規定コンプライアンスをクリアした企業ということになり、取引先や求職者へ企業の健全性と将来性をアピールできます。

ポイント1自社の差別化「人を大切にする企業」であることをアピールできます。

専門家の診断を受けることで最適な経営労務管理を実現します。一億総活躍社会に向けて取り組む企業としてアピール。

ポイント2優秀な人材確保有為な人材の確保につながります。

求人票やホームページの人材募集ではわからない企業の人事・労務実態を求職者に正確に伝えます。企業と人のベストマッチングの足がかりに。

ポイント3ブランディング向上人事・労務面の健全性を証明します。

診断を受けた企業には「経営労務診断シール」を配布。自社Web サイトに貼り付けて、企業の健全性を示すシールとして活用できます。

<<<経営労務診断サービスとは ROBINSとは>>>

<