社労士診断認証制度とは

労務コンプライアンスに取組む企業を認証します

全国社会保険労務士会連合会では労務コンプライアンスや働き方改革に取組む企業を支援するため、
2020年4月より取組み企業に対して社労士が診断し、認証マークを発行する事業を始めます。
労働社会保険諸法令の遵守や職場環境の改善に積極的に取り組み、企業経営の健全化を進める企業を社労士が診断・認証する事業です。
安心企業の情報や信頼性を高める情報をワンストップで掲載し、企業PRに活用いただける制度を目指しています。
また、今後、求職者の企業選びの参考になるサイトを目指しており、企業のリクルートのバックアップをしていきたいと考えています。

動画で観る「社労士診断認証制度」

認証マークの種類

  • 職場環境改善宣言企業
    社労士と一緒に、「職場環境改善宣言企業」確認シートの項目を確認していただき、職場環境改善に一層力を入れることを宣言いただければ、全国社会保険労務士会連合会よりマークを付与し、認証企業として掲載をします。
  • 経営労務診断実施企業
    「職場環境改善宣言」を行なった上で、「経営労務診断基準」に基づき所定の項目について社労士の確認を受けた企業に全国社会保険労務士会連合会よりマークを付与し、企業情報サイトにマーク情報を掲載します。
  • 経営労務診断適合企業
    「職場環境改善宣言」を行なった上で、所定の項目について社労士の確認を受け、「経営労務診断基準」に基づき必須項目のすべてが適正と認められた企業に、全国社会保険労務士会連合会よりマークを付与し、企業情報サイトにマーク情報と各項目の調査結果を掲載します。

「人を大切にする企業への労務診断ドック」が2020年4月より「社労士診断認証制度」に移行します

連合会では、2018年6月5日の「働き方改革支援宣言」に関する具体的な取り組みの第一弾として、概ね50人以下の事業所を対象に「人を大切にする企業への労務診断ドック」を実施してきました。これまで、1,100社余りの企業が宣言を行なっています。

「働き方改革取り組み宣言企業一覧(総件数:1122)」
https://www.shakaihokenroumushi.jp/organization/tabid/578/Default.aspx

このほど、2020年4月の「社労士診断認証制度」スタートに合わせ、「概ね50人以下」という条件をはずして、すべての企業が「人を大切にする企業」の宣言を行い、「認証マーク」を受けられる制度へ移行いたします。これが、「職場環境改善宣言」です。

認証マークの取得方法はこちら

企業の活用・メリット

社労士診断認証制度の認証マーク取得によって
企業の信頼性向上と、求職者へも強いアピールが可能です。

  • Point.01 自社の取組みの見える化
    労務コンプライアンスへの取組みは企業内部で行われており、今まで外部からは見えづらいものでした。社労士診断認証制度の認証マークにより、企業の取組みが「見える化」でき、企業パンフレットや公式サイトなどにも認証マークの表示掲載で積極的アピールが可能です。
  • Point.02 企業の信頼性の更なる向上
    昨今「人」の時代と言われ、「良いサービス」「顧客満足」「商品開発」も人の手により行われており、貴重な人材の流出は企業の経営に大きく影響します。社労士診断認証制度の認証マーク取得により取引先からも安心企業として信頼性の更なる向上につながります。
  • Point.03 求職者への強いアピール力
    リクルートに力を入れている一方で、求職者もインターネットによる情報収集や応募先選びも精度をあげています。社労士診断認証制度の公式サイト(2020年4月公開予定)では認証マーク取得企業の掲載を行い、今後求職者へのアピール力も高くなり、リクルートでも活用可能です。

企業の活用法について